北九州市立大学同窓会

HOME > 活動> 支部総会 > 千葉支部(2017年)

総会

千葉支部

2017年度千葉支部総会 2017年4月15日 京葉銀行文化プラザ

桜の花がまだ残っている4月15日(日)JR千葉駅前京葉銀行文化プラザで11時から 12時まで総会、12時30分から15時まで懇親会を開催致しました。
 本部からは清家幸三組織対策幹事(46経)をお迎えしての総会、今回は全役員が任期満了で次に繋がる候補者が出ず千葉支部を解散せざるを得ないのかと苦慮、しかしながら総会直前に須古正恒氏(44商)が急遽支部長を引き受けて下さる事になり役員一同安堵、所が、他の役員志願者もいない為現役員にて引き続き運営する事に、この為の規約変更が重要議案となりましたがご出席の会員の皆様も事情をご理解下さりいつもの茶々も出ず無事承認を得られました。
 引き続き12時30分からは島村副支部長(42商)のMCで懇親会を開始、先ずはご臨席の白石関東支部長(44経)、神奈川阿部副支部長(39商)、千葉支部は実家みたいなものとおっしゃる下関支部長吉村和(42米)のご挨拶、井本義孝(34短)氏の乾杯の音頭で32名の出席者全員がエンジンスタート、頃合いを見計らって先ずはオヤジバンドの千葉ピコアンサンブルが“歌で巡る千葉メドレー”を演奏開始、実は昨年メンバー6人中5名が大病を患い昨年後半は活動休止に追い込まれました。この為今年の懇親会は無理かと思ってましたが何とかやってみようと新年から練習開始した次第で、只残念な事は昨年末メンバーの一人、前千葉支部長の平木篤夫(39商)を亡くした事でした。さて会場は追っかけ歌声喫茶?に変身、島村副支部長のリードボーカルで“坊がつる賛歌”“あざみの歌”更に“青春時代”を大声で合唱、若き時代を思い起こして頂きました。そして息つくヒマも無く千葉支部が誇る女性メンバー(金井・佃・芝・沢田嬢)による何と前回のAKB48“恋するフーチュンクッキー”から本格的な装束で登場してハワイアンフラダンスを披露してくれました。一瞬会場は“お〜”とどよめきが、皆さんは“アロハオエ”から“月の夜は”を踊って下さいましたが小生はドラムスで後方支援をやりました。 もう会場は熱気に包まれ、よしこの際どんどんイベントを続けようと千葉支部懇親会では初のビンゴゲームを実施、これが又なかなかリーチが出ずビンゴゲーム機を操作していた小生も思わず“なんだか いかさま?”と叫んでしまいましたが、まあ、良くしたもんで当然その後は“ビンゴ!”が続発、やれやれ。
 宴もたけなわでしたが、やはりここは恒例の校歌・逍遥歌で締めなければ、、、、再び千葉ピコアンサンブルの演奏で、何と嬉しい事に関東支部白石支部長が元応援部?じゃやってくれ〜!で盛り上げて下さいました。いやはやあっという間の二時間半、幹事全員で準備をしたせいかこちらも十分楽しませて頂いたと言う感じの懇親会でした。

第七回千葉支部総会・懇親会実行委員 山下稔彦(S47・米英)
須古新支部長挨拶

逍遥歌白石関東支部長の応援デモ

フラダンス