北九州市立大学同窓会

HOME > 同窓会について > 会長挨拶

会長挨拶

会長挨拶
動き出した各種委員会
〜節目の年、同窓会70周年に向けて〜

北九州市立大学同窓会   会長 善 正善


 第69回総会・懇親会が盛会のうちに終了しま した。
 前日の評議会終了後の「全国女性の会」は すっかり恒例行事として定着してまいりまし た。第二回目の開催となった「全国若者の会」も 今回は約40人の参加があり、SNSで知った飛 び入り参加もあって、大いに賑わっていました。
 また、評議会では同窓会の任意団体から一般 社団法人への移行、第三次長期構想、同窓会へ のライン登録、70周年総会・懇親会など今後取 り組むべき課題について熱心な議論がなされ ました。
 特に同窓会の法人化については多くの評議 員から質問がありました。メリット、デメリット や本部・支部役員の呼称に関すること、選考方 法等々、関心の高さには驚きました。 
   法人化については委員会を立ち上げその緒 に就いたばかりです。本学OBの司法書士のア ドバイスを受けながら、また他大学同窓会の定 款・規約を参考に研究をしていますが、質問に 対して明確な回答ができる段階までには至っ ておりません。進捗していくにつれて来年春の 評議会では少しずつ問題点の回答ができるも のと思われます。
 第三次長期構想についても12月からロード マップに従って順次、委員会が開催されます。 スマートフォンへの同窓会のライン登録は評 議会の場で実際に登録をしていただきました。 これにより情報が簡単にキャッチでき、リアル タイムで把握できるようになりました。
 第70回総会実行委員会ではすでにイベント の絞り込み作業に着手しています。 
 現段階では、北九大と周辺地区の今昔風景 のDVD作成、日本新三大夜景(皿倉山)やナイ トクルーズ(洞海湾工場群夜景、門司港クルー ジング)など観光スポットのツアーや、親睦ゴ ルフ大会、特別記念講演会(講師選定中)などが 案として浮上しています。多くの同窓生がご家 族を伴って、北九州にお越しになり、記憶をた どりながら昔を懐かしんでいただきたいと思 います。
 来年は二期目の任期満了を迎えます。節目の 年にビッグイベントや課題が山積しています が、皆様方のご指導を賜りながら、任期を全う いたしますので引き続きご支援くださいます ようお願い申し上げます。

善正善(ぜん・ただよし)氏のプロフィール

昭和47年3月、商学部経営学科卒。同年4月、北九州八幡 信用金庫(現福岡ひびき信用金庫)に就職。
北九州市内の 支店長、本店の人事教育部長、執行役員営業部長などを経 て常勤理事、常務理事、専務理事を歴任し、平成27年6月 に退職。在職中は北九州地区の企業や団体、自治体などと の交流を通じて幅広い人脈を形成した。
また同窓会活動は 昭和60年5月から現在まで30年間にわたり八幡支部役員 (副支部長、幹事)を務めている。
大学在学中はユースホス テル愛好会に属した。趣味はバンド演奏。北九州市八幡西 区在住。66歳。

北友会会報第120号(令和元年7月15日発行)掲載