北九州市立大学同窓会

HOME > 同窓会について > 事業会務報告

平成28年度 事業報告

 平成28年度は、北九州市立大学創立70周年、同窓会創立65周年、ひびきのキャンパス開設15周年の節目の年 でした。
 また、同窓会本部の新体制が6月にスタートし、大学創立70周年「支援募金」をはじめ運営・活動方針及び主 要項目について、全国48支部と協力・連携しながら実施してまいりました。
 平成28年度の取り組みを振り返り、その中からみえてきた課題などを整理し、今後の同窓会組織・活動を強 化・充実していくための取り組みにつなげていきたいと考えています。

T  大学創立70周年「支援募金」目標達成に向けた取り組み
 平成27年度からスタートした大学創立70周年「支援募 金」の目標(1.4億円)達成のため、大学に協力し、同窓会本 部と各支部が一体となって、様々な会議の開催を通じて 活発な議論を行い、認識を共有しながら、会員への協力要 請などの取り組みを行なってきました。
 残念ながら目標の達成には至りませんでしたが、約8.7 千万円の浄財が同窓生や企業から寄せられ、大学創立70 周年記念事業として、新図書館の付帯設備の充実をはじ めサークル会館・厚生会館改修の資金に充てられました。  「支援募金」についての主な取り組みは、下記のとおり です。
・「 大学70周年支援募金同窓会実行委員会」「大学70周年 支援募金同窓会実行委員会基幹会議」の開催
・各支部から会員への文書・電話などによる積極的な協 力依頼
・各支部行事を活用した募金活動の実施
・大学と同窓生が在籍する企業等情報の共有および連携
U 「 支部助成制度」の活用や「女性の会」開催による同窓会組織および活動の充実
 平成27年度に改定した支部助成制度を活用し、各支部 では多世代、支部間、若手会員勧誘などを目的としたゴル フ大会や地域間交流のイベントなど、工夫をこらした行事 を開催しました。
 また、同窓会活動への女性の積極的な参加に向けて情 報共有するため、10月評議会終了後、第1回目となる「『女 性の会』全国支部役員の集い」を開催し、全国48支部のう ち17支部から25人の女性役員が参加しました。

V 同窓生の就職先把握に向けた新しい試み
 各支部からは、同窓会活動への若い同窓生や女性の参 加が少ないという悩みが報告されています。
 今後の同窓会組織を強化していく方策として、職域へ のアプローチが不可欠です。そのために、これまでも「北友 会会報 卒業祝賀号」を活用し、就職先の情報収集を行 なってきました。
 平成28年度は、上記の取り組みに加えて、就職ガイダン スにナレーターとして参加する卒業間もないOB・OGとの 接点を持つ取り組みも試みとして実施しました。
 就職ガイダンスは、大学や学生などが主体となって開 催され、若いOB・OGがナレーターなどとして参加するこ とから、今後とも、このような機会を通じてOB・OGへアプ ローチもすすめていく必要があると考えます。
W 「 新たな奨学金制度」の平成29年度スタートに向けて見直し作業の実施
 昭和32年から始まった同窓会奨学金は、多くの学生の 修学を支えてきたところですが、スタートから60年経過 し、制度と現状がマッチしていないなどの課題が指摘さ れてきました。
 学生を取り巻く現状等を踏まえた新たな奨学金制度を スタートさせるため、本部での「奨学金運営委員会」「学生 支援事業検討委員会」や「会則等検討委員会」での議論を 重ね、改定案をまとめました。
 平成29年度から新たな制度での実施が可能となるよ う、手続きをすすめていきます。
X 「 現役学生への同窓会認知度アップ」に向け新たな取り組み
 若い人の同窓会活動への参加をすすめていくために は、学生時代から同窓会を身近に感じてもらうことが必要 です。
 そのために、学生団体代表などとの意見交換会などを 通じて、現役学生も同窓会会員であるということ、同窓会 として様々な学生支援を実施していることなどを知って もらう工夫もしました。
 今後は、学生団体との情報交換等を通じて、例えば、 サークルの大会への出場情報を各支部に提供するなど、 現役学生が交流する機会を増やしていきたいと考えてい ます。
・第 66回総会・懇親会での学生とOB・OGとのコラボ事業 の実施 
・学生団体との意見交換などを通じた学生支援事業の 周知、ニーズの把握
・入学オリエンテーリングでの同窓会活動の説明の準備

参考 平成28年度の運営・活動方針/主要事業項目
【運営・活動方針】
T 大学創立70周年「支援募金」の目標達成に向けた活 動の積極展開
U 支部助成制度の効果的運用による支部活動の活性 化促進
V 奨学金制度の見直しと学生支援事業の充実強化
W 同窓会会費未納会員への納入促進活動の継続展開
X 将来的な組織の充実に向けた同窓会会員名簿の再 整備
Y 同窓会会則および規定の条項についての検証と例 規集の編纂更新
【主要事業項目】
1 大学・同窓会・後援会の三者で大学創立70周年記念 事業を後押しする募金目標1.4億円の達成を目指す ため、同窓会として実行できる具体的な支援活動を 推進する。
2 大学創立70周年の支援事業の一環として、大学およ び学生に喜ばれる有用な記念物品の寄贈を検討し、 実行する。
3 本部と支部および支部間の連携を強化しながら支部 活動の活性化を図り、支部助成制度の活用による会 員の掘り起こしを行なう。
4 奨 学金制度・国際交流基金・褒賞制度・就職支援の学 生支援4本柱の見直しと充実強化を図り、学生会員 とのパイプを大きくするための体制づくりを行なう。
5 現在の同窓会会費の完納促進活動を継続するとと もに、平成8年度以降入学の既卒会員及び学生会員 に対して、新たな会費納入促進策を講じる。
6 北友会会報とホームページの刷新を図りながら、大 学創立70周年記念の年にふさわしい広報活動を展 開する。
7 同窓会の将来的な基盤確立のため、20代から50代ま での既卒会員の名簿整備を進めるための有効な手 立てを構築する。
8 次世代対応型の会則や規定を策定するプロジェクト 組織を発足させ、新しい時代にふさわしい同窓会活 動のあり方を研究しながら会則および規定の見直し を行なう。