北九州市立大学同窓会

HOME > 同窓会について > 令和元年度 主要事業項目

令和元年度 主要事業項目

T  同窓会組織の強化、同窓会活動の充実・活性化
1  組織強化に向けた取り組み
 職域、サークルOB会、ゼミOB会、卒年の会など様々な切り口で同窓生が集う場の情報収集・アプローチを行い、支部総会をはじめとした同窓会活動への参加を呼びかけます。
 また、卒業生の就職先等についての把握及び把握方法も工夫していきます。
2  各支部で「女性の会」「若者の会」など様々な年代の同窓が集う場作り・活動の充実
 全国各支部の女性や若年層の役員等が情報交換をする会議を開催し、活動の現状や課題、今後の取り組みなどについて情報交換を行い、「女性の会」や「若者の会」がない支部での会の発足を促します。
 これらの取り組みを通じて、同窓の老若男女が集う機会を増やし、同窓会活動の継続・活性化
につなげていきます。
3  支部助成制度のあり方の検討
 各支部に対する助成制度について、老若男女の同窓生が集う場づくりに資する制度となっているのか、また活動の活性化につながっているのかなどの視点から議論・検討を進めていきます。


U  情報発信のあり方の検討・見直し
1  ホームページの見直し
 見やすく魅力あるホームページとなるよう、順次、ホームページをリニューアルしていきます。
2  会報のあり方の検討・見直し
 年2回発行している会報について、掲載内容や発行回数、送付先などについて検証し、順次、
可能なものから見直していきます。
3  SNSの活用の検討
 若年層への情報発信機能を強化していくため、Facebookに加えてLINEの導入なども検討していきます。

V  学生の同窓会に対する認知度向上のための取り組みの推進
1  同窓会応援プロジェクト(チャレンジGOGO)などの実施
 チャレンジする学生を支援する「同窓会応援プロジェクト(チャレンジGOGO)」の実施をはじめ、学生の学外活動を支援する「421Lab.」への支援を通して、現役学生が同窓会を身近な存在と感じる機会を作っていきます。
2  褒賞金制度を含めた学生支援のあり方の検討
 他大学の学生も参加する大会などで優秀な成績を収めた学生や団体に対して贈呈している褒
賞金などの制度について、その創設から時間が経過する中、現状に即しているのかなどを検証し、幅広い学生へ支援できる支援制度について、大学等との意見交換もしながら検討していきます。
3  総会・懇親会をはじめとした同窓会活動への学生の参加促進
 総会・懇親会などの同窓会活動へ学生が参加する機会を増やし、学生が同窓会を身近な存在
に感じてもらえる取り組みを進めます。


W  財政安定化に向けた取り組みの推進
 安定的な同窓会活動をしていくために、さらにコストの見直しをしていきます。


X  第三次長期構想の策定
 第二次長期構想が令和2年3月末で終了することから、令和2年4月から年間の長期構想を
策定します。


Y  同窓会の法人化に向けた取り組みの推進
 コンプライアンスを高めていくため、令和3年4月を目途に「一般社団法人」化に移行するためのロードマップを作成し、必要な事務を進めていきます。


Z  大学や後援会との関係強化
 現役学生やOB・OGとが一体となって魅力ある大学づくりを進めていくために、大学や後援会と定期的な意見交換を行います。