北九州市立大学同窓会

HOME > 同窓会について > 平成30年度 主要事業項目

平成30年度 主要事業項目

I. 同窓会組織の強化

 職域、サークル、ゼミ、卒年など様々な切り口で 同窓生の情報収集・アプローチを行ない、同窓会 活動への参加を呼びかけていきます。
  また、会報やホームページに加えてLINEや FacebookなどSNSの活用による同窓会会員のつ ながりの拡大についても検討していきます。

II. 同窓会活動の充実・活性化

1 各支部での「女性の会」「若者の会」設立に 向けた情報共有
 全国各支部の女性役員が情報交換をする 会議を開催し、各支部の女性会員参加の現状 や課題、先進的な各支部の活動状況を共有す ることで、新たな「女性の会」設立や女性会員 の同窓会活動への参加促進を図っていきま す。
 また、各支部での「若者の会」発足に向けた 情報交換の場を設けることも検討していき ます。
2 各支部での「女性の会」や「若者の会」への 助成を活用した活動の充実
 支部助成制度のうち「女性の会」や「若者の 会」に対する助成制度を活用し、各支部での 女性会員や若年会員の同窓会活動への参画 を進めていきます。
3 支部助成金を活用した活動の充実
 支部助成制度のうち自主的活動に対する 助成制度を活用し、新たな会員の参加促進を 図っていきます。
4  同窓会活動のあり方に関するアンケート 調査の実施  今後の同窓会活動のあり方を検討してい くにあたり、各支部の現状や意向等を把握す るため、アンケート調査を実施します。また、 このアンケート調査で、同窓会創立70周年の あり方についても意見集約を図っていきま す。

III. 学生の同窓会に対する認知度向上 のための取り組み

 学生の「学外活動」及び「就職活動」への支援を 通じて、同窓会の認知度を高めていくとともに、身 近な存在と感じられる取り組みを行なっていきま す。また、様々な機会を捉えて、同窓会活動への学 生参加を進めていきます。

1 学生支援の見直し
・学生の学外活動への支援
 これまでの公認サークルへの褒賞金制度 に加え、学生の様々な学外活動に対する支援 制度を検討していきます。
・学生の就職活動への支援
 学生が主催する就職活動セミナー「OB・ OG交流会」などを同窓会として支援し、その 機会を捉えて同窓会本部と参加したOB・OG との交流を図っていきます。
2 同窓会活動への学生の参加促進
 支部総会など同窓会活動への学生の参加 を働きかけていきます。

IV. 同窓会の法人化に向けた本格的な検討

 同窓会組織のガバナンス(統治)を高めていく ため、同窓会創立70周年を目途として「一般社団 法人への移行を目指します。その準備のため、同 窓会本部に検討委員会を設置します。

V. 大学や後援会との関係強化

 同窓会の組織充実及び効果的活動のため、大学 や後援会と定期的な意見交換を実施します。