北九州市立大学同窓会

HOME > 活動> 支部総会 > 関西支部(2017年)

総会

関西支部

H30年度関西支部総会 30年6月10日 

 去る、平成30年6月10日、生憎の空模様の中、80名の多数の参加を賜り北九州市立大学同窓会関西支部の総会が盛大に執り行われましたことを、ご報告致します。10分遅れで始まった総会は佐坂副幹事長の開会宣言を合図に始まり予定通り滞りなく終了しました。
私は、総会の司会進行を仰せつかり、緊張のなか司会席に立っていました。今回は司会席から眺めていた総会の風景を感想文にまとめさせて頂きます。
開会宣言に続き校歌斉唱となり、今市団長・古市団長のリードで1番と5番を斉唱しました。両団長のリードは見事なもので、必死に汗だくになりながら手を振る姿が印象的でした。余談ですが、校歌の4番と5番は後からできた「ひびきの学舎」のフレーズのため運動部出身の先輩方も知らない方が多かったようでした。そして吉元支部長の挨拶のあと松尾学長と善会長に来賓のご挨拶を頂きました。その後は議案審議に進み多数の皆さまの承認を頂き城戸副幹事長の閉会の辞となり総会は滞りなく終了しました。
  滞りなく終了という事は、司会者にとって一番喜ばしいことですがその時、困った事になっていました。総会が終わると写真撮影に進む予定でしたが、この日の講演予定である矢野龍・富美子ご夫妻の到着が遅れていたのです。予定にはなかった来賓者の紹介などを交えて時間の引き延ばしにかかりましたが、矢野先輩の到着前に城戸副幹事長の閉会の辞があり総会は終わって仕舞ました。  総会が終わって数分後、秘書の方から「あと5分で到着します。」と耳打ちされ一安心しました。
 懇親会では、本日のメインである矢野龍住友林業椛纒\取締役会長に、ご講 演を頂きました。矢野先輩は満州から引き揚げての、ご自分の生い立ちや経 営されている住友林業株式会社の目指すものなどを話され、大変勉強になる 講演でした。特に奥様との出会いなどご自身のプライベートに踏み込んだお 話しもされていたのが印象的でした。
 その後、料理とお酒を頂き、ほろ酔い気分のなか、銘々のテーブルで歓談しました。皆それぞれ世代は違えど「学生時代」に戻ったかのように感じられました。  引き続き、紅白を狙う「五条 哲也」のショウタイム。小倉の「無法松の一生」から入られて、矢野先輩ご夫妻推薦の「芭蕉布」、尊敬している「小林旭」や「森進一」の唄、もちろんご自分の持ち歌と20曲を絶唱!!ヤンヤの喝さいでした。
それからインド・カジュラホで「めだかの学校」を経営されている高森千賀子さんの寄付活動が実施されて同窓生の皆さまの「温かい心」が集まりました。
 最後に応援団の市・市団長コンビの「逍遥歌」の演武、・・ともに美酒を汲まんかな・・皆さんが肩を組んで輪になって絶唱されて、お開きとなりました。
 このような貴重な時間を過ごすことが出来る同窓会を脈々と繋いで来られた先輩方に感謝致します。

丸岡 敏明(H4年経営卒)